タトゥー除去の治療方法と種類

タトゥー除去には大きく分けて2つの施術方法があります。
レーザーでの施術のほうが後が残りにくいというメリットがありますが、タトゥーの色によってはレーザーが反応しないため、その場合は切除によるタトゥー除去をすることになります。

タトゥー除去の方法は?やり方・レーザー・切除について

2014.06.16

レーザーと切除どっちを選べばいいの?

レーザーと切除ではどちらにもメリット、デメリットがあり、あなたの目的に合わせた方法でタトゥー除去を進めていきます。

レーザー除去を選ぶべき人

  • 傷跡を残したくない
  • 色数が少ない(ピコレーザーの場合、多くてもいける可能性あり)
  • 完全に除去するまでに時間の余裕がある(1年以上)
  • 範囲が広い

切除を選ぶべき人

  • レーザーでは消せない色が入っている
  • できるだけ早く消したい
  • 範囲が狭い
  • 費用を抑えたい

その他のおすすめ記事

タトゥー除去費用の相場

タトゥー除去の相場

タトゥー除去にかかる費用は、大きさにより大きく変動します。
医療ローンが使えるクリニックでも、多額の治療費をローンとして返済していくのは大変です。

あらかじめ相場を知っておくことで、費用面の見通しを立てておくことをおすすめします。

レーザー除去の費用

レーザーでのタトゥー除去の費用はクリニックによって様々です。

例えば、湘南美容外科は、タバコサイズ(8cm×5cm)で6万円程度です。

レーザーでの除去は色が入っている深さが深ければ、治療回数が多く必要になります。
そうなると、除去し終わった時のトータルの費用が高くなってしまいます。

切除法の費用

切開でのタトゥー切除法は基本的に一回でタトゥーを消すことが可能です。
切開での除去の場合はタトゥーの直径を目安にします。

こちらもタバコサイズだとすると6万から10万程度が相場となっています。

タトゥー除去は費用を基準に選ぶべきではありません

レーザー除去、切開による切除法、共に安ければいいというものではありません。

特にレーザー除去では、値段が安いと照射の威力も弱い場合があります。
照射の威力が弱ければ、治療回数が増え、タトゥー除去にかかるトータルの費用が高くなってしまう場合もあります。

できるだけ、複数のクリニックにカウンセリングをしてもらい、あなた自身が納得できるクリニックを選ぶことをおすすめします。

タトゥー除去クリニックの選び方

タトゥーが消えないように、タトゥーを除去した際に残る傷跡も消えることはありません。
タトゥー除去に成功するために最も重要なのがクリニック選びです。

ここまでにも、クリニックを選ぶ基準を価格にしてはいけないとご説明させて頂きました。
では、何を基準にクリニックを選べばいいのかということについてご紹介させて頂きます。

タトゥー除去を成功させるために。

タトゥー除去の成功は人によって様々です。
例えば、傷が残らないように消す。結婚式までに消す。就職活動までに消す。
あなたの目的に合った施術を受けることで、タトゥー除去は必ず成功します。

タトゥー除去クリニック選びを失敗しない3つの方法

2014.10.08

タトゥー除去をするきっかけ

若気の至りで入れてしまったタトゥーは大人になってから様々なきっかけで除去を決意します。
例えば以下のような理由です。

  • 結婚するからタトゥーを除去したい
  • 子供が生まれるからタトゥーを除去したい

タトゥーを入れて後悔した女性の体験談

2015.04.18
あなたにもタトゥーを除去したいと思うきっかけがあったかと思います。

あなたと同じようにタトゥーに悩まされている人が多くいますが、最近ではタトゥー除去をする人がとても増えています。

技術的にも急激に進化していますので昔よりも圧倒的に綺麗にすることができます。